toggle
鍼灸専門 – iZoon あいず~ん
2018-05-17

ドーパミン・セロトニンなど幸せホルモンが鍼で!

鍼でドーパミン・セロトニン・エンドルフィンなど、一般に幸せホルモンと呼ばれる物質が分泌されることはよく知られています。これらのホルモンは身体を楽にして痛みを抑え、活力を回復させ、眠りなどのリズムを整えます。

これらのホルモンがどんなときに分泌されるのか、鍼の効果に関する研究がすすんでいます。

当院では、身体全体を整えるために、前頭部の生え際中心部から頭頂の百会へ向かうラインにあるツボに鍼をしています。すると、本来の治療目的(痛み軽減、美容、その他の来院理由)以外にもよい効果を実感するようです。例えば、不眠、不安やストレスで眠りが浅い、寝ていても途中で眼が覚めるとおっしゃるかたが、その場で眠れる、家で眠れるようになってよかった、元気になった、等々。

前頭部周辺から百会への鍼は、大脳の疲労や身体の倦怠感をとり、集中力を高めます。また、脳古皮質由来で理性による制御が困難な昂ぶりを鎮めます。仕事疲れをとりたい、学習効率を上げたいかたは、継続することをおすすめします。


関連記事