toggle
鍼灸専門 – iZoon あいず~ん

ご挨拶

profile-10012016

当院は

茅場町駅から2分。お仕事帰りに、ランチタイムにも。気軽に立ち寄れる鍼灸院。

急な激痛から肩こり、慢性の体調不良まで。

痛い、苦しい、つらいを軽減。もっとお仕事をするために。迫った試験まで頑張るために。家族のため、あなたのために。

 

こんにちは。

茅場町鍼灸院 iZoon(あいず~ん)です。本院では鍼灸専門の治療を行っています。

鍼ってなに?鍼を受けるとどんないいことがあるの?

よく聞かれます。

鍼は、痛みを抑え、細胞新生を促進します¹⁾。気血水の流れや過不足を整え、症状を緩和します。

美容や健康維持から、手術が必要な症状を持つ方まで、鍼をすすめる理由です。

医療の選択肢として鍼灸を検討する。それが当たり前であって欲しいと願います³⁾。

その願いから、鍼灸院を開きました。皆さまのご来院を心よりお待ちしています。

2016年10月

茅場町鍼灸院 iZoon

院長 金 令子

 

1) 鍼の刺激で痛みを抑える物質がつくられます。細胞新生は、血小板作用やオートファジー賦活、それによる神経保護作用も含めます。鍼をうけると筋肉や皮膚、神経の血流・免疫が変わります。筋肉の過緊張がとれます。脳機能に様々な影響を及ぼします。これらは、細胞、分子レベルの身体の反応です。

2) ヒトの身体は20歳がピーク。その後は衰えます。退行変性です。脊柱の整列が乱れて様々なところが痛み、動きにくくなります。ただの肩こり、腰痛がいつの間にか慢性に。筋肉・靭帯・腱・椎間板の変化や不調、神経の炎症で、痛みが耐え難い、辛い。老人だけではありません。20歳を過ぎたら身体に起きる自然な現象です。自律神経系のはたらきの不調和も。不安、不眠、食欲不振など。そんなとき、どうされますか。

3) 効果の実感には個人差があります。しかし、持続的に鍼灸を受けて、痛みが和らいだ、動けるようになった。眠れるようになった、活力を取り戻した等々。身体が変わってゆく、そんな体感があるとおっしゃる方が多くいらっしゃいます。たとえば、手術適応と診断された脊柱管狭窄症や膝関節症などで鍼施術により症状が軽減したケースなど。鍼灸の世界ではよく知られています。しかし、一般の認知度は今ひとつです。動けない、つらい症状を抱えた患者さんは痛みや苦しみを軽減する手段をすべて検討したいはず。そのとき、鍼を知っているかどうか。受けたいと考えるかどうか。残念ながら、鍼はこわい、古臭い、何をされるかわからない。そう思われる方がいまだにいらっしゃる。しかし、鍼施術の衛生面やモラル、環境は変わり、鍼に関する医学的根拠を求める研究も進んでいます。一例ですが、鍼治療によってオートファジーが誘発されたという報告が2016年1月のScience Reports誌に発表されました(Acupuncture promotes mTOR-independent autophagic clearance of aggregation-prone proteins in mouse)。アルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性疾患への鍼刺激効果を動物実験で検証したという報告です。EBM(Evidence Based Medicine)=根拠に基づく医療として、鍼のさらなる認知と普及のために同様な研究報告が待たれます。

kimg0322-10042016